すぎやまの日々

鉄道&Eスポーツライターの日常とか。

個人の仕事上のミスを嗤うメディアの品格

ああそうか。ブログってTwitterに書き切れないことを書くって位置づけでもいいね。そういう使い方にしてみよう。PVも少ないしちょうどいいや(笑)

さて。

俺はジャーナリストなんて言えるほど立派な活動をしているわけじゃないので、ジャーナリストを自称しません。メディアではときどき“鉄道ジャーナリスト”と紹介されます。それは「メディアさんにとって都合の良い紹介でいいですよ」と言っているからです。そういうと、バラエティでは鉄道ライター、報道系だとジャーナリストになる感じで。ジャーナリストは正直、ちょっとこそばゆい。

でも、ジャーナリズムの矜恃は持っているつもりです。
それは、「個人を責めない」「組織やシステムの不手際を指摘する」です。

鉄道事故の場合、東急東横線の積雪時の衝突事故は記事にしました。山手線の架線柱倒壊は記事にしました。でも、京浜東北線の川崎駅で電車が保線車両と衝突した事故は記事にしませんでした。

ここは自分なりの線引きがあるんです。

東急の事故は、会社全体として耐雪ブレーキの扱いを間違っていると指摘しました。山手線の架線柱は、運転士が感じた危機感が上層部に伝わっていないという、組織のたるみを指摘しました。これは会社として取り組まなくちゃいけないし、他の企業も他山の石とする必要があると思うからです。

でも、京浜東北線の事故は組織的欠陥ではなく、単純に担当者個人のオペレーションミスだと思いました。故意で事故を起こしたとしたら糾弾されるべきです。だけど、仕事上の間違いは誰にでもある。おそらく当事者は反省しているでしょうし、会社からも叱責や処分があったでしょう。それ以上にメディアであげつらって、個人に対して社会的制裁を与える必要はありません。

だから、以下の記事を見たときはガッカリしました。リンクを張るとさらに広めちゃうというジレンマもありますが。
駅の電光掲示板、突如精神崩壊を起こす - ニュース - Jタウンネット 東京都
この記事の内容は「駅の電光掲示板にヘンな文字が出たよ(笑)」です。
それを見つけた人が撮影して、ねえねえおもしろかったよ、とTwitterで流しました。
ここまではいいですよ。かわいい猫がいた、とか、貼り紙が誤字だらけ、とか。そんなレベルです。私もお店のPOPがおもしろかったりするとtweetします。個人で拡散する程度なら、個人の品格が問われるだけで。

でも、これってニュースメディアが記事にする話でしょうか。あれ、Jタウンネットってニュースメディアだよね? (汗)

こんなの、どう見たって担当者の失敗でしょう。誤情報を流したわけでもないし、やっちゃったな、というレベルの。そんなの、いちいちニュースにする価値あるんですか。いや、意味はあるんですか。

誰だって仕事上のミスはあります。当事者は反省してるでしょうきっと。仕事の些細なミスを必要以上に広められたら、当事者はどんな気持ちになるでしょうか。ネットメディアが掲載するってことは、世界の日本語圏に広めるってことですよ。これ、メディアによるイジメですよ。

反省しないで何度もやらかしたら、それは問題だから指摘してもいいけどさ。でもそれは担当者が悪いではなく、そんな担当者を放置した部署の管理責任を問うべき案件です。

駅の電光掲示板はときどきネットニュースでネタになります。でもそれは、ネットで使われる (^_^) などが入ってたとか、心温まるメッセージが入っていたとか。そういうネタがほとんどです。世の中を明るくする話題です。だけど今回のように、個人の単なるオペミスを、鬼の首を取ったようにあげつらうって、そこにどんな意味があるんでしょう。

さらに杜撰なことに、この記事のイメージ画像は、全く関係の無い鉄道会社の名前が入ってます。無関係な会社名の入ったイメージ画像を選んだ理由を知りたい。イメージ画像は僕も使います。いらないと思ってるけど、文字だけだと見づらいって言うし。だけど、なんでわざわざ、デカデカと無関係な会社名のある画像を使ってるんですか。

もっと困ったことに、その記事を土木学会のFacebook公式アカウントがシェアしているんですよ。土木とは関係ないネタですよ。そして当初、イメージ画像のほうの鉄道会社名の出来事のようなタイトルがついてました。記事をよく読めば違うってわかるのに。

以下の画像は、その鉄道会社の社員からの指摘を受けて修正した後です。

0-01.jpg

土木学会の活動について、俺は敬意を持っています。論文も高度でありながらわかりやすい。記事で紹介したこともあります。本来は、とてもクオリティの高い組織です。それだけに、なにも考え無しに、こんなクソ記事をシェアしている。残念です。土木学会はFacebookの公式アカウントの運営ポリシーをきちんと整備したほうが良いと思います。

Jタウンネットについては、品格の無いメディアとして自然淘汰されると思うのでどうでもいいです。運営会社を見たら、さもありなん、という感じでした。

でも土木学会さんはしっかりしてください。
雑感 | comments (0) | trackbacks (0)

オリンピックのエンブレムの件

ツイッターには長すぎるのでこっち(笑)

ついに白紙撤回。五輪エンブレムはなぜ炎上したか?:日経ビジネスオンライン

是非はともかく、似たデザインはGoogle画像検索でも探せただろうし、そもそもデザイン案を人気投票すれば事前に騒ぎになって不採用にできた。採用後におおごとにはならなかったと思うんですよねぇ。

あと、空港や街中の展開例のカンプ、あれは火に油を注いじゃったね。あれは内部資料だから、俺としては問題なかったと思う。ただし内部に留まっていたらね。なんで表に出しちゃったんだろう。それは組織委員会の不手際でしょう。普通は守秘義務契約の範囲内だもの。

内部資料なんて何でもありですよ。俺なんか、あるネット媒体の広告企画書の中で、自分の写真が執筆陣として使われていましたよ。その会社の別の媒体とはお付き合いがあったけど、提案された媒体には書いたことないのに(笑)

しかも使われた写真が別の会社の媒体に掲載したプロフィール写真だったというね。企画書を提示されたクライアント企業の人が仲良しだったので、たまたま問い合わせをもらって発覚しました(笑)。

そりゃあもう正直に、「そんな話は聞いたこともないし書く予定もないです。その写真は別の会社の媒体で掲載しているモノです」と返信しましたけど。あれどうなったんだろ。

でもまあ、内部資料だし。気にしなかったけどね。たまたま見つかっただけで、他でもやってるかもしれないしさ。話が決まったらこっちの仕事になるかもしれないし。そうでないと媒体とクライアントとの契約上まずいと思うし。

内部資料をメディアに公開しちゃうってところで、あの組織はもうダメだよ。取引先として信用できない。なにやってんの。

スポーツで国際交流のオリンピック。この星の人類が1つになれる、数少ない貴重な、そして崇高な催しなんだからさ、もっと志の高い人たちに携わってもらいたいです。
雑感 | comments (1) | trackbacks (0)
Information
  • 鉄道&Eスポーツライターの日常とか。

20040524.JPG

Calendar
<< September 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
Categories
Recent Comments
New Entries
Archives
いちおう仕事もしてるよ
鉄道ニュースサイトやってます
Other
blogram投票ボタン
Profile
   メールはこちらから



Recommend
【小説幻冬 2017年 05 月号 [雑誌]】…
小説幻冬 2017年 05 月号 [雑誌]

Book (発売日:2017-04-27)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
【A列車で行こう3D NEO ビギナーズパック - 3DS】…
A列車で行こう3D NEO ビギナーズパック - 3DS

Video Games (発売日:2016-12-01)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
【知られざる 鉄道路線の謎】…
知られざる 鉄道路線の謎

Book (発売日:2015-12-08)
Recommend
Recommend
Recommend
【A列車で行こう3D ビギナーズパック】…
A列車で行こう3D ビギナーズパック

Video Games (発売日:2014-11-27)
Recommend
Recommend
【ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)】…
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

Book (発売日:2014-11-22)
Recommend
【マスカレード・イブ (集英社文庫)】…
マスカレード・イブ (集英社文庫)

Book (発売日:2014-08-21)
Recommend
【マスカレード・ホテル (集英社文庫)】…
マスカレード・ホテル (集英社文庫)

Book (発売日:2014-07-18)
Recommend
【パラドックス13 (講談社文庫)】…
パラドックス13 (講談社文庫)

Book (発売日:2014-05-15)
Recommend
Recommend
【抱影 (講談社文庫)】…
抱影 (講談社文庫)

Book (発売日:2013-09-13)
Recommend
【風のなかの櫻香 (徳間文庫)】…
風のなかの櫻香 (徳間文庫)

Book (発売日:2014-01-08)

labeldescription; //--; rssmikle_item_description_color=0comment_time#FFFFFF; rssmikle_css_url=+escape(parent.document.referrer)+125dl class=amazon【div id=div id= catch(err) | dl id=http://kishatabi.jpn.org/log/index.rdf dd id=/dtscript type=